So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビも買い替え。SHARPからSONYへ [家電とかの話]

夏のお買いもの第2弾。

この夏最大の目的、テレビの買い替えです。

数年前から、画面の両サイドに空気の入ったような模様が出始めました。最初はシミ程度にしか見えなかったのですが、それが日を追うごとに広がっていきました。
さすがに嫌気がさして、修理するくらいなら買い換えようと、今年の春モデルが出たころから考えていました。

それで、今回購入したのはSONYのBRAVIA KDL-40W920A。8月3日に納品されました。
http://www.sony.jp/bravia/products/KDL-40W920A/
KDL-40W920A.jpg


接続できる映像機器がSONYで固められてしまったので、テレビもSONYにすればいろいろ便利なんじゃないか、ということと、4Kじゃないテレビの最上位に位置するモデルだったので、この製品は春に発売されてからずっと気になっていました。まあ正直一目ぼれというところでしょう。
消費税導入にかかわる年度末の残業手当をつぎ込めば買えるかなーなんて思ってたのですが、なかなか値段が落ちなかったので、様子を見ていたというのが本当のところです。

いざ買うとなった時、一番悩んだのはサイズ。
いままで使ってたSHARPのテレビが42インチ。W920Aには42インチの設定がなく40インチと46インチ。46インチ買っても幅が5cm位しか増えないし、消費電力も40インチにくらべれば少しは大きいですがそれでもいままでの約半分になるのは魅力。40インチにして画面が小さく感じられて後悔しないか心配・・・などなど。

最終的な判断は価格。
買いに行った時点では46インチの値段が落ちず、なぜかその上の55インチが46インチより安いという逆転現象が発生していました。かといって、さすがに今の部屋で55インチを買うわけにもいかず・・・
一応、どこまで引けるか相談はしてみたのですが、結果として予算オーバー。
40インチに落ち着いたわけです。

でも、本当のところをいうと、42インチで大きすぎだったんです。ちょっとばかし部屋の広さに対してオーバースペック気味。隣の部屋に座ってみるなら46 or 55でもよかったのかもしれませんが、そういう使い方をしていないので。

実際に設置してみるとこんな感じ。
DSC_0243_1280.jpg

ラックが110cmなので、約10cmのスペースができる感じになります。

ちなみにテレビを視聴する場所が画面から約140cm離れています。部屋の幅が260cmしかないので、まあ無難な選択だったのではないでしょうか。今は安定して動いております。


使い始めて3週間。とりあえず、気づいた点をいくつか。

・BRAVIAリンクの恩恵
PS3(CECH-2000A以降のモデル)がテレビのリモコンから操作できるので、torneで録画した番組を見るときにリモコン1つで操作できてすごく便利。赤外線→HDMI経由なのでちょっとレスポンスが悪いけど、実用レベル。
ただ、テレビのリモコンにはないボタンもあるので、完全にはなくせない。ただ、いま使ってるのは学習リモコンだから、登録すれば行けるかも。

VAIOからリモートキーボードが設定できるはずなのだが・・・
なぜか、VAIO側のアプリからテレビが検出できない。ファイアウォールとかの影響ではなさそうだが・・・

・モーションフローの良し悪し
通常のテレビ放送では気にならないが、アニメを「なめらか」モードでみると変に補完され、不自然な動きとなってすごく気持ち悪い。だから、「なめらか」モードではなく「くっきり」モードに統一してる。

・DLNAクライアント機能は当たり前
CS放送の録画のためにnasneに挿しているB-CASで契約をしています。いままでならPS3かVAIOからじゃないと見れなかったのですが、DLNAクライアント機能があるおかげでnasneで録画したものが見れる。それにライブチューナー経由でCS放送も直接見れる。が、チャンネルの選択が面倒(^^;)
せっかくのSONY製品なので、nasneアプリを提供してくれないかなーとか。

・DVI入力、S入力がない
DVIはデスクトップPCをつなぐのに使ってたので、仕方なくDVI-HDMIケーブルを購入。変換コネクタも持ってたんだけど、隣のケーブルへ干渉してしまう。要するに変換コネクタがデカすぎて邪魔だってこと。
SはAVアンプと接続するのに使ってたけど、いま映像を見るのにAVアンプ経由のものがないので、未接続のまま。

まあ、思いついたのはこんなところかな?まあ、どんな機種でもいいところ、悪いところは見えてくる。
でもPS3が一番使っている映像出力機器だとおもうので、使い勝手が向上したのはなかなかいい買い物をしたと思っていますよ。

あとはSONYタイマーが出ないことだけをいのります。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windowsタブレット購入 [パソコンの話]

とりあえずお久しぶりです。体調不良が続き、とにかくなーんにもやる気がせん!という状況が続いておりましたが、やっとのことで復調傾向にある私です。
年々、この暑さが体に堪えるようになってきたのはやはり歳を重ねているせいでしょうか。

と、前置きはともかく、この夏はちょっと物を購入したのでご紹介を。
まずはパソコン。

ここしばらく、実家以外へ遠出するときはiPad miniを持ち歩いていたのですが、出先でネットサーフしててとても不満だったのが、Flashのページが見れないこと。これは、Androidにも言えることでして、どうしても見たいページが見れないというのがすごくストレスになっていました。

そのため、意を決して・・・というかお金を何とか工面して、Windowsのタブレットを購入することを検討しました。検討を始める前は、RTしかないものと思っていたので、どっちにしても同じじゃん!とか思っていたんですが、RTじゃない8 or 8.1のタブレットがあると会社の同僚に諭され(笑)、それからいろいろ調べました。

結局、選択するにあたっては基準がiPad miniとなりました。やはり持ち運ぶのにストレスを感じないことと、片手にもって使える重さということを考えると、やはり400g以下が精いっぱい。
つまりいまの製品では8インチ帯が限度という結論になりました。
ただ、残念ながら画面解像度ではiPad mini同等のものは存在しなかったため、そこは仕方なく除外。
それを前提に探して購入の候補に挙がったのが以下の2つ。

【Toshiba dynabook tab S38/26M】
http://dynabook.com/pc/catalog/d_tab/140616s38/
de_s3_01.jpg

【ASUS Vivotab Note 8】
(http://www.asus.com/jp/Tablets_Mobile/ASUS_VivoTab_Note_8_M80TA/)
P_setting_fff_1_90_end_500.png.jpg

スペックはどちらもほぼ同等。Vivotabがちょっと発売が早かっただけ。あまり口コミを見ずにいたものですから、自分にとっての決め手はなかったんですよね。
だから、最終的にはお店で即購入できるもので!という結論に至りました。

で、結局購入したのはdynabook Tab。
まあ、ぶっちゃけた話をすると、アキバヨドバシにこっちしか置いてなかったんですよ(^^;)
後日、新宿ヨドバシに行ったら両方置いてましたけどね・・・

まあなんにせよ、めでたく購入となったわけです。(パチパチ)
一応、買った後に口コミを見てみたんですが、結構ぼろくそ言われてましたね。前モデルのVT484のほうが良かったという意見もちらほら。
自分もそれなりに気にはしますけど、致命的なものでないことと自分が使わない部分の違いくらいだからまったくもって無視できる範囲だと思っています。実際に使ってみても、かなり満足度は高い。どこに満足度を置くかという違いはあるでしょうけど、買ってよかったと思っています。

タブレットの寿命がどのくらいなのか見当が付きませんが、今回は正直高い買い物だったような気はします。やはり買い替え易さから考えると3万円前後で売ってるのが理想ですね。


とりあえず、約3週間使ってみての感想は・・・
1.持ち運び
鞄に入れてて邪魔にならない重さ。スペースもあまりとらないのでとてもいい。

2.バッテリーの持ち
無線通信をやるからどうしてもバッテリーの減りは早い。まあ、1日もてば問題なしなので、今のところ大丈夫。

3.Windows 8.1 with Bingの弊害
特になし。Internet Explorerをほとんど使わないので。あえて言うと、8.1なのにスタートメニューに電源OFFメニューがないことくらいか。

4.不具合等
Windowsのセットアップ時になぜかWindows Updateでこけてその後Windowsが上がらなくなった(笑)
仕方なく工場出荷時状態に戻し、再度最初からセットアップをしたらその後は問題なし。
機器的な不具合は今のところなし。
頻度はかなり低いけどタッチが利かなくなるのはWindows8.1側の問題くさい。

5.Windowsのタッチパネルでの運用
ネットサーフする程度ならあまり気にならないけど、Windowsの設定にはキーボードとマウスはあったほうがいい。タッチパネルで代用が利くけど、作業効率が全然ちがう。

ということで、Windowsタブレットを購入する際は、Bluetoothのキーボードとマウスを一緒に買いましょう。
ちなみに、以下が自宅での使用形態。(結城 寧仕様)
DSC_0249_1280.jpg
ELECOMのTK-FBP067とM-BT4BLです。
キーボードはタブレットを立てるための溝つき。マウスは前からネットブックで使ってたやつを流用してます。
ここまでそろえるとネットブックと遜色ないどころか、性能がさらに上なので、かなり快適に使えますよ。


あ、そうそう。タブレットを持つ前に一番自分が思ってたことを書き忘れてた。

<Windowsタブレットとそれ以外のタブレット、どっちを買えばいい?>
アプリに関していえば、間違いなくiOSやAndroidのアプリのほうが比べものにならないくらい数が豊富。ただ、Office系のアプリが使えないレベル(よく落ちるし)。ちなみに最近のWindowsタブレットにはOffice2013がプリンストールされている。
また前述のとおり、iOS/AndroidではFlashが使えない(Adobeが提供していない)などの制約があるため、Flashのページが数多く存在する現在では、ネットサーフするにはWindowsのほうが絶対にいい。
結局のところ、何の目的でタブレットを使用するかによって、決めればいいんじゃないかな?
アプリだけで事足りるのであればiOS/Androidタブレット、持出し用PCとして使うのならWindowsタブレットてな感じ。
そして、Windowsタブレットでもう一つ言えば、あくまでもサブマシンとして考えるべき。メインマシンとしてつかうにはSurface3Proレベルが必要。


いかがでしょうか。とりあえずタブレットを購入することを検討している方への参考になればと。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。