So-net無料ブログ作成

PlayStation3(CECHA00) HDD換装 [ゲームの話]

うちでは、初代PS3の60Gモデル(CECHA00)を使っていますが、最近PVのダウンロードやPlayStation Storeからゲームをダウンロード購入したりしてたら、気がついたら残り30Gを切っていることに気がつきました。
買った当初は、まあ当面大丈夫だ!なんて思っていましたが、昨今のゲームはBDメディアからの読み込み時間の短縮目的でHDDインストールするものも増えてきたので、ディスク容量が足りなくなるのは時間の問題。
ということで、PS3のHDDを換装することにしました。・・・てかもう終わっちゃっているんだけどね。
ググッても、ちょっと古い情報しかなかったので、とりあえず最近やったという実績をここに残しておきます。
正直うまく行くかは不安だったんですが(笑)

換装終わったあとに記録写真を撮ろうと思い立ったので、ところどころ抜けますけどご了承のほど。
では、ここより作業手順をご紹介。

1.まず、バックアップを取ります。使うのはバックアップユーティリティ。[設定]-[本体設定]-[バックアップユーティリティ]の順で開きます。
SN3O0004.JPG
SN3O0005.JPG
ここで、「バックアップ」を選択します。
SN3O0006.JPG
トロフィー情報はバックアップできない旨のメッセージが出ますが、PSNに登録してネットにつないでいればサーバーに情報はあがっているので特に考えることはありません。まあそれでも心配だというなら、一度サーバーとトロフィー情報の同期をとっておきましょう。
ネットにつないでいない場合は・・・やっぱできないんだろうな。ここは皆さんで調べてください。(^^;)
SN3O0007.JPG
「記録メディアにバックアップしますか?」も「はい」を選びます。
SN3O0008.JPG
バックアップデータの保存先を指定します。数十G単位となるので、FAT32でフォーマットしたUSB HDDを準備しておけば一番楽じゃないかと。
SN3O0009.JPG
保存先を指定すればバックアップが始まります。30Gくらい消費している段階で1時間程度かかりますので、ここでとりあえず放置します(笑)
SN3O0010.JPG

まだバックアップ機能が無かった頃は1つ1つバックアップを取らなきゃならなかったので面倒だったようですが、今はこれ1つでOK。PS3関連のデータだけでなく、PS及びPS2のメモリカードの情報もそのままバックアップできます。
違う筐体へリストアする場合は、著作権の関係上制約がかかりますが、HDDを交換するためにバックアップ・リストアする場合は、何も心配する必要はありません。
詳しくはここを参照してください。

2.バックアップが終わったらいよいよHDDを換装します。作業をしやすくするためにすべてのケーブルを取り外しましょう。少なくとも、電源ケーブルははずしてください(笑)
本体の左側にHDDベイがあるので、カバーを取り外します。
SN3O0011.JPG
次に青いネジを取り外します。
SN3O0012.JPG
ネジ上の取っ手を引き上げて、右にスライドさせます。
SN3O0013.JPG
スライドしきったあと、手前に引くと簡単にアタッチメントごとHDDが取り出せます。
SN3O0014.JPG
そう。ここまでは順調なんです・・・。

3.アタッチメントより4本のネジをはずしてHDDを取り外します。
SN3O0015.JPG
SN3O0016.JPG
・・・でここで大問題発生。初期型に共通してなのか、うちのがたまたまだったのかわかりませんが、この4本のネジがとにかく硬い。ということで、私も例に漏れず、ネジをなめってしまったわけでして・・・はい。
ネットを見ると結構同じことをしている情報を見かけるので、ネジの素材の問題なのか、そもそもこの時期に出荷されたものの問題点なのか・・・いまとなってはどうでもいいことですが・・・
いずれにせよ、はずせないのでは何もできないので、プライヤーを使って潰してしまったネジを取り外すことに。
SN3O0021.JPG
古いHDDを取り外したので、新しいHDDを取り付けよう・・・と思ったらさっきネジを潰してしまってるじゃん。仕方が無いので家にあった4mmの平皿ネジで代用しました。残念ながら丸頭のネジだとぶつかってアタッチメントが格納できなくなります。(T_T)
実は、アキバのネジ屋を見て歩いたんだけど、ナベ3~4mmのネジって見かけなかったんですよね。平皿ならあるんだけど・・・。詳しいことを調べずに行ったので、お店で聞くのも恥ずかしかったし、まあ最悪Sonyからパーツ購入できるから・・・とか思ったんですが、たまたま家にあった平皿のネジで問題なく取り付けができたのでいいことにしました(笑)
ちなみに、パーツ購入については部品販売のご案内ページ(http://www.jp.playstation.com/support/parts.html)を参照してください。

とりあえず、無事アタッチメントへの取り付けもすんだ状態のHDDと旧HDDを並べてみました。
SN3O0018.JPG
新しいHDDは東芝のMK6459GSX(640GB,5400rpm)です。もともと入っていたのは、SeagateのST96812AS(60GB,5400rpm)。10.7倍の容量か・・・でも1万しないんだよね。このHDD。ずいぶん安くなったもんで。最初7200rpmのものにしようかとも思ったんだけど、ネットで熱の放出が多いからやめたほうがいい的な情報もあったので、とりあえず今回は5400rpmにしておきました。

さて、ここまでくれば先ほどの逆の手順でアタッチメントをPS3に取り付け、青いネジを閉めベイカバーを取り付け、配線を戻せば換装は終了。

4.次はリストアです。ここも何も難しいことはありません。バックアップユーティリティを開き、リストアを選択します。
SN3O0006.JPG
あとは、メッセージに従って「はい」を選択していくだけです。
SN3O0019.JPG
フォーマットは必ず必要になります。「はい」を選択します。
SN3O0020.JPG
このあと、どのバックアップデータを戻すか選択の画面がきます。作業前に取ったバックアップデータを選択すればOK。あとはリストアが始まり、1時間くらいで完了します。

で、無事に終わって本体の情報をみるとこんな感じ。空き容量がいっぱいになってなんとなくうれすい(笑)
SN3O0003.JPG

とまあ、流れとしてはこんな感じです。大体作業時間としてはトータル3時間。バックアップとリストアの時間がほとんどで、HDDの換装自体はほとんどかかりません。ネジさえ潰さなきゃすべてが順調だったのに(笑)

ということで、ご自分でCECHA00の換装を行う際は、HDDのほかに
 ・プライヤー(あったほうが無難。2300円くらいで買える)
 ・ネジの代替品(ナベもしくは平皿M3。長さ4mm以下じゃないとつっかえるはず)
を準備しておいたほうが無難です。最初にプライヤーでネジを緩めるのが正解なのかもしれません。(^^;)

換装して1週間たちましたが、今のところ内蔵HDDは順調に動いています。初期不良も出ていないので、とりあえずは大丈夫だと踏んでいます。

こんな感じですがどうでしょうか?この記録が参考になれば幸いです(^^)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 2

ゆう

かなり参考になりました(HDD変えるつもりはありませんが)
取り付けもネジをはずして入れ替えるだけみたいで、意外と簡単に出来るんですね。もっと色々いじるのかと思ってました。

そのうちトルネ同梱で1TBのPS3とかも発売されるんでしょうか。
すごい時代になったもんです。
by ゆう (2010-07-11 21:07) 

オルフィーナ

>ゆうさん
新型PS3は若干異なるかと思いますが、基本は同じはずです。
ゲームなんかで使い込んでくると、すぐHDDは足らなくなりますよw

内蔵HDDは2.5インチだから、もうしばらくテラは無理かも。でも、録画目的でとるなら内蔵より外付けにしたほうが交換しやすいし、コストパフォーマンスがいいので。

by オルフィーナ (2010-07-12 07:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。